2017年04月29日

優しい味がする〜

第88回鳥栖三養基地区メーデーに参加した〜
オープニングセレモニーで、「NPO法人わかば」の子どもたちによる大正琴の演奏
P4290011.JPG

メーデー式典の最後に「NPO法人わかば」の理事長から挨拶があった
福祉施設として就労支援を行い、月額だが36,000円の賃金を支給できているとの事
県内施設では3位に入る賃金支給で、就労場所や就労条件等苦労も多いことだと思う

メーデーの起源は、1886年5月㏠、アメリカで「8時間労働」を訴えて統一ストライキが闘われたことに始まる
それから130年以上経つが、現代も過労死が深刻な問題になる
本質的なことは何も解決していない

働く者が団結して生命と権利を守らなければ、置き去りにされる
そこには障害がある者もない者も同じように搾取され続ける

式典終了後、クッキーやパン、ポップコーンを「NPO法人わかば」の売店で買った
P4290013.JPG

優しい味がする
競争ではない、お互いを認め合う心のこもった優しい味だ〜
posted by gamadasu at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック