2017年06月27日

高いか・安いかは、今後の取り組み次第〜

臨時議会が開催された〜
議案は、財産(建物)の取得について

予定価格が5000万円以上の工事や、予定価格が700万円以上の不動産もしくは動産や5000u以上の土地を買い入れや売り払いする場合は議会の議決が必要になる

今回、合宿所建設に向けて旧ほっとステーションの用地及び食堂を購入する予算を6月議会で可決している
町と旧ほっとステーションの事業者が売買の契約を結び、
土地1,036.09uを1,680万円
建物114.02uを710万円
建物付属施設を110万円
合計2,500万円で購入する

この価格が適正な価格なのか?
今後の合宿所建設に向けての工程は?
どの様に運用するのか?
等を審議し可決した

売買金額そのものは土地評価額や建物の評価額等に照らせて問題はない
問題は、合宿所としての利用の在り方・運用になる
また年度内に工事費9300万円で2階建ての48人が合宿できる建物やラーメン店を食堂として利用できるような改装が終るのか、が問題になる

2,500万円の買い物が高いか・安いかは今後の取り組み次第だ〜
購入が決まった旧ほっとステーションの建屋と用地
P6080011.JPG
posted by gamadasu at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック