2017年11月25日

「こもったき」に照らされ〜

夕方、日が沈む頃
南奈良田の日吉神社に村人が集う
「こもったき」をおこなうのだ
20171125_175235.jpg

本来は11月30日におこなっていたが、現在は11月の最終土曜日におこなう「こもったき」
日吉神社の神さんが出雲大社にお上りされて、帰ってくる迎え火の「こもったき」
子どもたちも堂々を薪を投げ入れている

「こもったき」にあたると風邪をひかないと〜
村人は「こもったき」に照らされいる〜
posted by gamadasu at 22:41| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもの貧困〜取材現場から見えてきたもの〜

連合佐賀議員懇談会の「2017冬季研修会」が佐賀市であった〜
「子どもの貧困問題〜取材現場から見えてきたもの〜」と題して、西日本新聞社社会デスク 
坂本信博氏の講演があった
20171125_141806.jpg

西日本新聞社は特集で、「子どもの未来を つくられた貧困」と題して特集を組んでいる
顕在化しにくい子どもの貧困が実は、九州の子どもの2割が「貧困」にさらされ、佐賀県でも13%と推計されている

それに対する就学援助の支援は各市町で大きく格差があり、クラブ活動費やPTA会費への導入は九州全体では1割で、全国平均以下と報告されている
20171125_150115.jpg

この表で見ると基山町は就学援助の基準が、収入額で回答し「200万〜249万円」に入り、九州内では最低レベルになっている

そして、今後の主な課題として以下のように報告された
20171125_151218.jpg

特に、問題の可視化(調査と公表)は早急に取り組まなければならない課題だ
親の自己責任論で本質が軽視されてきた「子どもの貧困」を社会問題として捉えるためにも実態を把握しなければならない
基山町の実態はどうなっているのか?
足元から見つめなおそう〜
posted by gamadasu at 22:30| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

よそのまねではない基山町議会らしさ〜

基山町議会は「基山町議会基本条例」を制定しようと努力をしている〜
今では当たり前のように、各市町村の地方議会は「議会基本条例」を制定しているところが多い
基山町議会は、あえて「議会基本条例」制定をせず、まず自らが改革を積極的に進めていこうと取り組んできた

休日議会の実施
一般質問の1問1答方式
全議員が一般質問ができるような日程と時間配分
町民への議会報告(議会と語ろう会)
議会傍聴規則の見直し(カメラ・録音機の持ち込み可能)
毎月最低1回の全員協議会
常任委員会での自由討議
また、子ども議会の開催(中学生と議員だけで実施)

他に、審議会への議員参加の見直しや議員定数についても議論・見直しを実施してきた
これらの改革を通して、「基山町議会基本条例」の骨子を描こうというのが基山町議会の歩みでもある

素案作りを議員6人で構成された小委員会でしてもらい、本格的な議論をおこなった
「何故、議会基本条例を制定しようとしているのか?」
「その目的は何か?」
「町民は議会に何を求めているのか?」
この3点を明確にすることにより、基山町議会らしい議会基本条例が制定できると思う
「よそのまねではない基山町議会らしさ」ここがポイントかもしれない〜
posted by gamadasu at 20:27| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

子どもや幼児の参加も増え、勤労協の「みかん狩り」〜

勤労感謝の日に、基山勤労協主催の恒例「みかん狩り」をおこなった〜
急に冷え込み、参加者数を心配したのだが、例年以上に多かった
基山勤労協は勤労感謝のに日「みかん狩り」をおこなうようになってから約30年になる
会員だけでなく、チラシで知った方や口コミで知った方など、多彩な顔ぶれだ
特に子供や幼児の参加も増えて、基山町の活気あるまちづくりに一役買っている

「みかん狩り」の前に、10時から清掃美化活動もおこなった
20171123_100424 (2).jpg

小さな幼児もごみ袋を持って、美化活動
20171123_102816 (2).jpg

約45分の清掃美化活動が終り、いよいよ「みかん狩り」
事務局より、諸注意をおこなう
坂本みかん園さんの協力で毎年おこなっている「みかん狩り」
ゆっくり、みかん狩りを楽しんでください
20171123_105238.jpg

いよいよ「みかん狩り」
小さな子も頑張っている
20171123_111311.jpg

20171123_111343.jpg

皆さん、満足されて「みかん狩り」を楽しまれた
そして、昨年と同じように児童養護施設に、収穫したミカンをプレゼントした

「来年の勤労感謝の日も「みかん狩り」を行いますので来てくださいね」と声をかけ
多くの協力を得ながら、無事終わった〜
posted by gamadasu at 21:20| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

日本語で「おはよう」「気を付けてね」と〜

多文化共生のまちづくりシンポジュウムがあった〜
「多文化共生」ってなあに?と思われる方が多いだろう

実は今日のシンポジュウムを聞いていても良く分からなかった
分かったのは、言葉や習慣が違う外国人も共に一緒に生活を、ぐらい

簡単に言えばそれまでだが、言葉や習慣が違えば価値観が違う
それを乗り越えて「共に」を目指すのは大変な努力がいる、ということを学んだ気がする

パネルディスカッションのパネラーの話は夢があり、希望がある
特に、遠い外国から日本に来るのには訳があり、人それぞれだ
また、受け入れている地域も訳があり、地域それぞれだ

7区区長が、「外国人と地域との融和をはかるために交通ルールとくらしのマナー」ポケットブック作成・配布の報告をされた
20171119_160140.jpg

7区地域で「外国人の夜間無灯火の自転車が危ない」
「夜間に大声で自転車に乗っている」
「2台横並びで走っている」等の苦情が出ていた

これは7区だけではないのだが、特に7区には企業が多く、他地域からの自転車通勤が多い
それで、交通ルールとゴミ出しマナーを4カ国語(英語・中国語・ベトナム語・ネパール語)で作成し、配布や企業へ持参して外国語従業員へ配布のお願いの取組みがなされた

交通ルールやゴミ出しマナー違反は日本人も当然あるのだが、外国人に目が行くのが差別かもしれないが、やっぱり改善してもらいたいというのが地域の要望
お互い理解しあい、コミニケションが1番だと理解するが・・そう簡単ではない

朝の子ども見守りで、よく外国人に出会う
明日からは勇気を出して挨拶をしよう
外国語は喋れないから、日本語で「おはよう」「気を付けてね」と〜
posted by gamadasu at 21:34| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

玉ねぎ苗を植付ける〜

今年は玉ねぎ苗を多めに植付けている〜
20171117_104739.jpg

昨年は苗が不足して仕入れるのに苦労した
今年は農協に予約注文していて昨日入荷し、さっそく植付けた
赤玉ねぎ100本
早生玉ねぎ300本
中生玉ねぎ300本

あと晩生玉ねぎを500本植える予定だ
玉ねぎは健康にも良いし、美味しい
上手く成長してくれるといいなあ〜

posted by gamadasu at 20:50| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

一石二鳥〜

急に寒くなってきた〜
子どもたちは少し背中を丸め、お互い寄り添うようにして登校していく

私も厚手のウインドブレーカーを着て、一緒に見守りで歩く
国道3号線を過ぎ、JR鹿児島本線高島踏切で、次の見守り隊にバトンタッチ
20171113_072027.jpg

その後、約3キロぐらいウオーキングして帰宅する
この間、約1時間ぐらいだが習慣にしていると規則正しくなるし、健康にもいい
子どもの見守りと健康増進、一石二鳥だ〜
posted by gamadasu at 08:36| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

胸骨圧迫は力がいる〜

基山町消防団秋季防火訓練が実施された〜
場所は私の住んでいる地元、南奈良田地区

朝7時から初期消火訓練で実際に消火器を使用
家庭には消火器は常備されているが、実際に使用することはあまりない
20171112_071918_001.jpg

AEDを用いた蘇生救護訓練
20171112_073507.jpg
私も訓練を受けたが、実際してみると胸骨圧迫は力がいる
胸骨が折れるのでは、と心配するぐらいの力で圧迫しなければ意味がないらしい

そして、朝8時から火災防御訓練
鳥栖三養基地区消防の基山分署から大型のポンプ車と町内消防団から8台の消防車両が参加
20171112_081909_001.jpg

この南奈良田地区は基山町と鳥栖市との境に位置し、昔ながらの集落で道も狭い
また、国道3号線と高速道路に挟まれ、火災が発生すれば消火に手間取る地域でもある
このような大掛かりな訓練を開催してもらうと大変嬉しい

防火訓練の後に、日本赤十字社から災害時の非常食の作り方と応急処置の仕方を教えてもらう
最初に非常食「ハイゼックス」の非常食米の作り方
20171112_092429.jpg

そして、実際に非常食米を作ってみる
20171112_093211.jpg

災害時に寒さをしのぐ方法として毛布の活用
なかなかのお似合いだ〜
20171112_101238.jpg

天気も良く、多くの地域住民と消防団員、そして日本赤十字社の協力で、災害時対応を学ばせてもらった
20171112_101421.jpg

本来は、無火災・無災害が一番いいのだが、いざという時に知っていれば大変役に立つ初期消火と応急処置
大変有意義な訓練だった〜
posted by gamadasu at 19:44| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

防犯灯の設置要望は多く〜

総務文教常任委員会で、防犯灯について調査をおこなった〜
町民から安全対策上の防犯灯の設置要望は多く寄せられている
先週も、7区山下川沿いの町道に防犯灯の設置要望が区長さんから出されている

9月議会で、町が設置する防犯灯と各区や地域で設置する街灯の区別がつきにくく、設置基準を設けるべきではないのか、と提案していた

防犯灯の設置状況は、町内に総務企画課が所管する防犯灯が1000基、建設課が所管する道路照明灯が118基、計1118基ある
また、各地区や地域で設置されている街灯が正確な数は不明だが、約700基になる

基山町は平成15〜17年ごろ、防犯灯の設置を計画的に進め、現在の設置状況になったが、それでも地域からの要望は途切れることはない
調査した場所も、町民提案制度を利用して、設置要望が出された地区
20171110_104724.jpg

今後、町は「基山町防犯灯設置基準」を設ける予定
その中で、「設置基準の明確化」や「設置と管理の区分」「設置の申請」等を明文化する

また古い照明機器をLED灯に切り替えも進めている
それにより電気料金もずいぶん安くなる(蛍光灯月に275円/基、LED灯135円/基)

安心・安全を担保するためには、たゆまぬ町民挙げてのまちづくりが第一だが、行政の政策的な努力も必要だ〜
posted by gamadasu at 15:19| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

笑いながら、回る〜

まさしく秋空の下、「第21回野口ターゲットバードゴルフ」に参加させてもらった〜
ゴルフはあまり上手じゃないが、どういうわけかターゲットバードゴルフは案外うまくいく

稲刈りが終り、切株の上にボールを置いて思いっきり打つ〜
飛んでもせいぜい30mぐらいだが、気分爽快だ
20171105_102521.jpg

20171105_092539.jpg

コース途中の茶店でビールを飲み、笑いながら回る
20171105_105852_001.jpg

終れば、神社境内で懇親会
これもいつものように、野口名物の「ダゴ汁」を美味しくいただく
20171105_115946.jpg

明日は臨時議会だが、ひとときのゆったりした時間
少しは心に余裕ができた〜
posted by gamadasu at 21:19| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

創作劇の文化祭バージョン〜

文化の日、基山町では「第39回基山町文化祭」が催された〜

12月10日に基山町ふれあいフェスタがあり、創作劇「八並の姫〜観音様になったお姫様〜」が披露されるが、今日はその創作劇の文化祭バージョン
PB030017 (3).JPG

約10分間であらすじを披露してくれた
孫はセリフがもらえて、張り切って練習に行っている
今日も緊張しながらも、見事にこなしていた

12月10日が楽しみだ〜
多くの町民の方に、町民以外の方も観ていただきたい〜
posted by gamadasu at 15:45| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

距離感が難しい〜

こんな時期に台風が接近してくるなんて・・・
やっぱり異常気象なのだろうか?
晴れていれば、「高齢者と子どものグランドゴルフ大会」だったが、雨で体育館内でのカローリング大会になった

カローリングって、氷上のカーリングを体育館でも出来るスポーツで、なかなか面白い
PA280057 (2).JPG

高齢者2人と子ども2人でチームを作り、5方向から中心の円に向って順番に一斉に投げる
投げるというより、滑らせる感覚で距離感が難しい

練習をすれば上手になるのだろうが、いきなりの本番んで高齢者の方も強すぎたり、弱すぎたり〜
高齢者は65歳からで、私は見学だけだったが
あと3年で仲間入りできる
その時のために、コツを覚えておこう〜
posted by gamadasu at 16:56| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

主権者が傍観者に〜

あと1時間で、衆議院選挙の投票箱が閉まる〜
閉まった瞬間、テレビでは一斉に当落を出し、大方の体制まで報道する

まだ、投票箱を開票会場に持ち込んでもいないのに、結果がテロップで流れる
投票までは間違いなく主権者が主役だったが、投票箱が閉まった瞬間、私たちは傍観者になる
なんと空しい事か〜

せめて投票箱を開けて、票読みしてから報道してほしい
競うように当落をテレビで流すのにどんな意味があるのだろう?
主権者が傍観者になり、次の選挙では最初から傍観者になることをマスコミは願っているのだろうか?

もう少ししたら開票立会に行くが、足取りが重くなる〜
posted by gamadasu at 19:05| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

感謝の気持ちで〜

時が走馬灯のように流れた〜
胸にポッカリ穴が開いたように、時折ため息交じりの風が吹く

おふくろの臨終に立ち会うことが出来なかったが、姉や弟、妻や娘に見送られながら、静かに生涯を閉じた
私は大分の地で、自宅の方角に向って、そっと手を合わせ、議会の視察を切り上げて家路へと急いだ

通夜、葬儀を、喉の奥に苦みを感じながら営んだ
白木の箱に納まった壺の中に眠るおふくろ
膝の上に乗せた白木の箱は、まだ暖かい

97歳の生涯を息子の私と言えども軽々しく語れない
ただ、感謝の気持ちでいっぱいだ〜
posted by gamadasu at 21:36| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

おふくろの帰りたいという想い〜

すべてがおふくろを家に帰すために、というほど幸運続きだった〜
本来なら明日15日に、おふくろが帰れるように準備していた
しかし、おふくろの体力が持つのか?明日の天気は雨みたいだが?と心配していた

朝から行事に追われ、昼過ぎにおふくろが入所しているグループホーム「菜の花」に行くと、姉たちが看病していた
おふくろの顔を見た瞬間、「今から帰ろう」と決めた

自宅のおふくろの部屋の畳替えは昨日済んでいたし、今日の午前中にエアコン設置も済んでいた
問題は介護ベットとエアーマットがいつ自宅に着くのか?だった
確認すれば14時30分過ぎとの事

グループホーム「菜の花」の職員さんの協力と、石橋整形外科の寝たまま搬送できる車を利用させてもらって自宅に着いたのが14時40分
介護ベットの組み立てが終了して、すぐにおふくろを寝かせることが出来た

小柳病院の先生や寿楽園さん、訪問看護さんなど多くの協力を得て、おふくろは自宅に戻ってくることが出来た
「帰ってきたよ」との呼びかけに眉を動かして反応している
帰ってきたことがわかるのだろう〜

本当に、すべてがおふくろを帰らせるために動いた一日だった
おふくろの帰りたいという想いがそうさせたのだろう〜
感謝の一日だった〜
posted by gamadasu at 22:01| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

せめて、看取りは家でしてあげたい〜

97歳のおふくろをグループホームに入所させて5年が過ぎた〜
私も妻も忙しく働いていて、ついついグループホームに頼っておふくろの面倒を見てもらっていた

妻も退職し、やっと涼しくなったので、姉弟とも相談しながら、おふくろを家で面倒見るように今週の初めに決めた
それから、グループホームに相談したり、地域包括支援センターに相談したり、とバタバタで帰宅日を15日に決めた
そうすると以前おふくろが利用していた部屋に介護ベット、エアーマットをレンタルして入れる日程や、その前に畳替えもすることにした

せめて、看取りは家でしてあげたいと思い、慌しく準備をしている
ただ、おふくろの体力が残っているのか心配だ
おふくろは自宅へ帰れることが分かっているのか、時々微笑む
あと3日で、自宅に帰れる〜
posted by gamadasu at 21:26| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

孫は一生懸命、1000m走り切った〜

まるで真夏のような暑さの中、基山町民体育大会が催された〜
17行政区の旗の下、選手宣誓
PA080004.JPG

孫と約束をしていた
1000m走を走れたら、基山町ロードレースの小学4年生以上の小学生部の2000mに登録していいよ、と
PA080011.JPG

孫は一生懸命、1000mを走り切った
その後、私も1000m走った
PA080012.JPG

結構きつい
最初から飛ばすと息が続かないし、だからと言ってゆっくり走るとタイムが悪い
どうにか予想タイムで走ることが出来た

今大会から「みんなでジャンプ」や「玉入れ」と「年齢別リレー」で総合優勝を争うようになった
「みんなでジャンプ」は息が合わないと難しい
PA080020 (2).JPG

紐を回すのが特に難しいみたいだ
今年はダメだったが、来年は要領さえ分かれば回数も増えるだろう
私は「玉入れ」に出たが、これも結構難しい
だから面白いのかもしれない〜
posted by gamadasu at 21:03| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

発想の豊かさを教えられた〜

「第1回子ども議会」が開催された〜
子どもといっても中学3年生
子どもじゃない〜青年だ
正式には「第1回青年議会」が正しいかもしれない
PA070003.JPG

町長役の中学生はアドリブの質問にもアドリブで答える
私が「契山に「恋人の聖地」を整備して、と提起されているが、私みたいな中年のオヤジも「恋人の聖地」に行けますか?」と質問すると
町長は「是非中年の方も「恋人の聖地」に行ってください」と答える
「町長は「恋人の聖地」に行ったことがありますか?」と質問すると
「行ったことがない」と
「「じゃ、是非彼女と一緒に行ってみてください」と質問すると
「今後、行ってみたい」とユーモアのある回答
PA070006.JPG

議案は3本で、どれも中学生の目から見た基山町の課題を適格についている
質問する議員役の中学生は再質問したり、提案したり
それを受ける執行部役の中学生は逆質問したり〜
まさに、私たち大人の議員が学ばなければならない発想の豊かさを教えられた

基山町の将来は明るい、と言ったら大袈裟だろうか〜
それほど素晴らしい中学生だ
町長役、執行部役、議員役の中学生のみなさん
お疲れさまでした〜
PA070008 (2).JPG
posted by gamadasu at 20:50| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

今夜は、中秋の名月〜

今夜は、中秋の名月〜
PA040003.JPG

名月は満月でないのが良い
少し欠けて、どことなくユーモラスな顔に見える
孫は宿題で名月の観察があったのだろう
1時間たったらまた観察すると言いながら、ノートに記していた
PA040002.JPG

雲に時折隠れ、滲む輪郭はほろ酔い私に微笑みかけているようだ〜
相変わらず、馬鹿だなあ〜と
posted by gamadasu at 20:56| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

10月7日「子ども議会」を開催します〜

基山町議会は「こども議会」開催に向けて準備をしている〜
議会改革の一環として「子ども議会」をやろうとなっていた

1期目の議員を中心に、他の自治体とは違う「子ども議会」が模索をされ、教育委員会部局とも相談をされて、特色のある「子ども議会」になる

基山中学校の生徒が町長役、町執行部役、議員役に分かれ模擬町議会を開催する
町長役が3本の条例を提案し、執行部役が補足を行い、議員役が審議を行い、最後は採決(賛成か反対)をする
まさに議会運営そのものをおこなう

私たち議員は、議長役はそのまま品川議長が行い、執行部の補佐と議員側や子ども議員の補助に分かれてサポートをする
私は議員側の席に着き、町長役の生徒に質問をおこない、採決する役目になる

この「子ども議会」は多くの自治体でおこなわれているが、生徒と議員が主体となっておこなう「子ども議会」は数少ないと思う
PA020001.JPG

日時:10月7日(土曜日)9時30分〜12時まで
場所:基山町役場4階 議場
是非、多くの町民の方、そして生徒さん
気軽に傍聴してください〜
posted by gamadasu at 20:05| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする